すべすべ美ワキになる黒ずみ解消レシピ

脇の黒ずみ、ブツブツを解消して自慢の美ワキになる!

HOME » 脇の黒ずみの原因 » 制汗剤の使い過ぎ

制汗剤の使い過ぎ

いくらきれいにお化粧して、流行りのファッションに身を包んでいても、身体の「ニオイ」がそれを台無しにしてしまうことがあります。欧米人に比較すると、日本人の体臭はそれほどキツくないですが、近年は食生活の変化なども手伝ってか、体臭が強めの人も少なからずいるようです。

ただ、もともと日本人には日常的な入浴習慣があるため、強烈な体臭を放っている人はあまりいないといっていいでしょう。そのせいか、日本人はニオイに敏感な傾向があります。

他人はもちろんですが、自分の体臭も気になるため、特に汗をかきやすい夏場は、男女を問わず、頻繁に制汗剤を使っているようです。中でも脇の汗、ニオイは天敵とばかり、1日に何度も制汗剤を使用する人もいます。エチケットのためなのはわかるのですが、実はこの制汗剤が脇の黒ずみを引き起こしているのです。

制汗剤が黒ずみを招く理由

少量で効果があればよいのですが、暑ければ自然と汗はかきますし、ニオイを気にする方は特に、何とはなしに近距離かつ大量に使用してしまっているケースも見受けられます。

しかし、制汗剤はどうしても肌に刺激を与えます。さらにパウダースプレータイプのものは、粉で汗腺をふさぐことで汗を抑えています。粉にふさがれた汗腺や毛穴は、当然詰ってしまうわけです。

脇というのは、角質や汚れが蓄積しやすい部分であるにもかかわらず、さらに制汗剤を重ね塗りすると、肌のターンオーバー機能が低下してしまいます。そのせいで、新しい皮膚の細胞が生まれにくくなり、黒ずみやブツブツが生じてしまうのです。

汗取りパッドで汗を防ぐ

制汗剤が黒ずみを誘引することがわかったとはいえ、脇汗をそのままにしておくわけにもいきません。まず、制汗剤使用の回数を減らすようにしましょう。

制汗剤が手放せない多汗の人は、「汗取りパッド」やパッドが付いた「ワキ汗インナー」がおすすめです。

最近はアウターに響きにくい、吸水性・速乾性にも優れたものが多いので、このようなアイテムを使って汗を抑えるようにしてください。

>>自宅で脇の黒ずみ・ブツブツを解消するセルフケアレシピとは?<<

 
目指せ美ワキ!脇の黒ずみをとる方法レシピ