すべすべ美ワキになる黒ずみ解消レシピ

脇の黒ずみ、ブツブツを解消して自慢の美ワキになる!

HOME » 脇の黒ずみの原因 » 間違ったムダ毛処理

間違ったムダ毛処理

女性にとってムダ毛の処理は欠かせません。特に薄着になる夏は半そで、ノースリーブと露出も多くなりますから、全身くまなくつるつるにしておきたいものです。

しかし、ムダ毛を除去しただけで、アフターケアは忘れられがち。腕を上げたら処理したはずのムダ毛が残っていた?と勘違いされるほど、脇が黒ずんでいるケースが少なくないようです。

ムダ毛処理が黒ずみを招く理由

ムダ毛はないのに、どうして脇が黒ずんでしまうのでしょうか?それは自己処理とアフターケアをしていないことに原因があります。

実のところ、ムダ毛の自己処理をすることで、脇(肌)はかなりのダメージを受けます。それに加え、処理してもすぐに生えてくるため、頻繁に抜いたり剃ったりすると、肌には常に強い刺激がかかることになります。

その刺激から身体を守ろうと、メラニンの活動を促します。このメラニンが肌への色素沈着を起こし、黒ずみが生じてしまうのです。

さらにカミソリを使用しての脱毛は、ムダ毛のみならず、皮膚表面の角質層まで削り取ってしまいます。その結果、傷ができた肌は肌トラブルの原因になり、いっそうの脇の色素沈着を招くというわけです。

エステやクリニックの脱毛がおすすめ

「カミソリでダメなら毛抜きで……」と思うかもしれませんが、こちらも黒ずみの大きな原因のひとつです。毛を抜くと毛穴が広がり、そこから雑菌が入る危険性が高くなります。

つまりカミソリ脱毛同様、炎症などの肌トラブルを引き起こし、色素沈着や黒ずみに繋がってしまうのです。

カミソリや毛抜きでの自己処理が脇の黒ずみの原因だからといって、ムダ毛を放置しておくわけにはいきません。これを解消する最善の方法は、自己処理を中止し、美容系クリニックやエステ・サロンで脱毛することです。

とはいえ、脱毛には費用も時間もかかりますから、どうしても自宅で処理したい場合は、カミソリや毛抜きよりも刺激が少ない電動シェーバー、除毛クリーム(低刺激のもの)などをおすすめします。

またアフターケアとして、処理後の保湿は欠かさないようにしてくださいね。

>>自宅で脇の黒ずみを解消できるセルフケアレシピ3選をチェック<<

 
目指せ美ワキ!脇の黒ずみをとる方法レシピ