すべすべ美ワキになる黒ずみ解消レシピ

脇の黒ずみ、ブツブツを解消して自慢の美ワキになる!

HOME » 脇の黒ずみ解消方法まとめ » 重曹

重曹

掃除用洗剤の代わりのみならず、美容に効果があると評判の「重曹」。脇の黒ずみにも有効だといわれていますが、これは本当なのでしょうか?ここでは重曹を使ったスキンケアを含め、脇の黒ずみへの効果について説明します。

重曹の特徴

重曹は「重炭酸ソーダ」のことで、炭酸水素ナトリウムとも呼ばれ、ベーキングパウダーやコンニャクの凝固剤など、食品添加物として使われています。また、温泉成分として入浴剤にも使用されていることから、人体への影響は少ないと考えられているのです。

このような背景に加え、重曹には水に溶かすと弱アルカリ性の水溶液になるという性質があります。脇の黒ずみに原因になる、毛穴に詰まった汚れや皮脂は「酸性」のため、「アルカリ性」で落とすことができるというわけです。

とはいえ、強いアルカリ性水溶液を使うと、皮膚がただれるなどの炎症が起こったり、さらに黒く変色してしまうことがあるので、取扱いには十分注意が必要になります。

重曹で黒ずみを解消する方法

ですから黒ずみを落とすには「弱アルカリ性」を用いなければなりません。重曹は弱アルカリ性のため、肌への負担も少なく、毛穴の汚れや古い皮脂も落とすことが可能だといわれています。

そのため、「重曹を泡立てた石けんやボディソープに加えて脇を洗う」「重曹をペースト状にして脇をパックする」といった黒ずみ解消法を実践している人が少なくありません。

もし重曹を使って脇のケアをするのであれば、掃除用に使われているものではなく、純度が高く、粒子の細かい「食用」のものを選ぶことが大切です。さらに添加物などの成分が入っていないかどうかも、必ずチェックしておきましょう。

重曹ケアは肌への負担が大きい

基本的に重曹での黒ずみケアは、肌に負担がかかります。敏感肌、乾燥肌など、もともと皮膚が弱い人にはあまりおすすめできません。

なお、重曹と同じくアルカリ性だということで、「セスキ炭酸ソーダ」や「炭酸ソーダ(炭酸塩)」を脇の黒ずみに使う人もあるようですが、刺激が強く危険なことですので使用しないようにしてください。

>>賢く脇の黒ずみを解消するセルフケアアイテムとは?<<

 
目指せ美ワキ!脇の黒ずみをとる方法レシピ