すべすべ美ワキになる黒ずみ解消レシピ

脇の黒ずみ、ブツブツを解消して自慢の美ワキになる!

HOME » 脇の黒ずみをケアする成分 » 脇のホワイトニング成分まとめ

脇のホワイトニング成分まとめ

美白成分は、脇の黒ずみに効果があるといわれています。美白成分の主な働きは、メラニンの育成を抑えることです。人間がもともと持っている黒色の色素細胞「メラニン」は、紫外線を体内に入れないようにますが、その時、肌の上に沈着するとシミができます。これを防いでくれるのが「美白成分」なのです。

厚生労働省が認可している主な美白成分

現在、厚生労働省ではいくつかの美白成分を認可しています。

決められた量を配合し、効果、効能が認められた製品が「医薬部外品」とされており、脇の黒ずみを解消するのであれば、下記の成分が含まれている医薬部外品を選ぶとよいでしょう。

  • アルブチン
    ツツジ科の植物であるコケモモやウワウルシの葉などに含まれており、チロシナーゼに直接作用してメラニン生成を抑える。
    また配合されたハイドロキノンは、メラニン色素を除去する働きも有している。
  • エラグ酸
    メラニン色素を合成するチロシナーゼの働きを抑える作用を持つ。ストロベリーやクランベリー、ラズベリーなどに多く含まれている。
  • カモミラET
    キク科の植物カモミールから抽出される成分で、メラノサイトへの情報伝達物質であるエンドセリンの働きを抑制。
  • t-AMCHA
    メラニンを生成する細胞メラノサイトへの情報伝達を防ぎ、紫外線によるシミやソバカスの発生を抑える働きがある。
  • トラネキサム酸
    人工的に作られたアミノ酸の一種。メラニン色素の生成を抑え、シミやソバカスを防ぐ効果が期待できる。
  • ビタミンC誘導体
    レモンやキウイなどに含まれている、抗酸化作用の強い成分であるビタミンCを加工した化合物。
    皮膚に吸収されやすい形に加工されているため、高い美白効果が期待できる。
  • プラセンタエキス
    アミノ酸、ミネラル、たんぱく質、活性ペプチド、各種ビタミン類など豊富な栄養素を有する、哺乳類の胎盤に含まれる物質。
    チロシナーゼを抑制する効果がある。
  • リノール酸
    紅花油から抽出された成分で、食品にも用いられる不飽和脂肪酸の一種。
    チロシナーゼ分解促進作用により、余分なメラニンを生成させないように働く成分。
  • ルシノール
    モミに含まれる4-n-ブチルレゾルシノールに着目して開発された美白成分。
    メラニンの生成の元になる、チロシンとチロシナーゼの合成をブロックし、シミの発生を防止。

ここではとりわけ、黒ずみ解消に有効な成分として知られる「トラネキサム酸」「ビタミンC誘導体」について取り上げます。

 
目指せ美ワキ!脇の黒ずみをとる方法レシピ