すべすべ美ワキになる黒ずみ解消レシピ

脇の黒ずみ、ブツブツを解消して自慢の美ワキになる!

HOME » 脇の黒ずみをケアする成分 » 脇のホワイトニング成分まとめ » ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体

ビタミンCは、美容面に効果が期待できる成分です。肌の真皮細胞の線維芽細胞が活発に働く手助けをすることに加え、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などを生成します。この線維芽細胞の働きが弱くなると、これらの成分が生成されにくくなり、肌にハリや潤いが不足してしまいます。

またビタミンCは強い抗酸化力を持っており、活性酸素が細胞にダメージを与えるのを防ぐ働きがあります。ビタミンCが不足すると疲労感を覚えやすく、免疫力が低下。美容面では肌のハリがなくなるなどの状態が生じるという特徴もあるのです。

ビタミンC誘導体の特徴

このように、ビタミンCは抗酸化作用やアンチエイジングなどの効能に優れた成分ですが、成分自体が壊れやすく不安定なため、たとえば化粧品に配合しても効果が出にくいというデメリットがあります。

この短所を改善し、効能を損なわないよう人工的に改良し、安定化させたものが「ビタミンC誘導体」なのです。

ビタミンC誘導体には、肌への浸透力がアップするだけなく、肌に浸透してからビタミンCに変化するという性質があります。

また「肌に艶が出る、柔らかくなる」「キメが整う」「毛穴やシワが目立たなくなる」「ニキビ解消」などの効果が期待でき、ターンオーバを正常化にしてくれます。

主なビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体としては、「水溶性」「油溶性」「水溶性と油溶性の両方の性質を持つもの」など、様ざまな種類が使われています。

  • リン酸アスコルビルマグネシウム
    水溶性のビタミンC誘導体では、最も効果があるといわれているビタミンC誘導体の定番。
    皮膚科医で多く使われ、美白美容液(エッセンス)にはこの型を配合したものが多い。
  • リン酸アスコルビルナトリウム
    皮膚細胞でビタミンCに変わりやすい成分。
    リン酸アスコルビルマグネシウムより低額で、溶かしやすいこともあり、主に皮膚科医で使われている。
  • アスコルビン酸グルコシド
    一般に「安定型ビタミンC誘導体」といわれているのがこのタイプ。
    ビタミンCに糖を結合させたもので、ビタミンC誘導体の中では最も安定。常温で長期保存ができ、配合しやすいので、一般の美白化粧品にはこの型を配合したものが多い。
  • アスコルビン酸グルコシド脂肪酸
    アスコルビン酸グリコシドを、クリームやジェルに配合しやすいように脂溶性にした誘導体。
  • ヘキシルデカン酸アスコルビル(テトライソパルミチン酸アスコルビル)
    水溶性ビタミンC誘導体より皮膚からの吸収力が良く、脂溶性ビタミンC誘導体では最も優れたもので、長時間作用。
    ジェルやクリームに配合されることが多い。

美容系では、リン酸アスコルビルマグネシウム、リン酸アスコルビルナトリウム、テトラヘキシルデカン酸アスコルビルの3種類がよく使われています。

>>ビタミンC誘導体など美白成分を含む脇の黒ずみ解消クリーム5選<<

 
目指せ美ワキ!脇の黒ずみをとる方法レシピ