すべすべ美ワキになる黒ずみ解消レシピ

脇の黒ずみ、ブツブツを解消して自慢の美ワキになる!

HOME » 脇の黒ずみをケアする成分 » 脇の保湿成分 » トレハロース

トレハロース

トレハロースは、2種類のグルコースを有する2糖類で、植物由来の天然の糖です。地衣類(コケ)をはじめ、自然界では動物から微生物までに含まれ、広く存在しています。

トレハロースが自然の中(ライ麦)から発見されたのは1832年のこと。1859年に「象鼻虫」から作られる「トレハラマンナ」を分離したものが、新たに「トレハロース」と名づけられて現在に至ります。

かつては抽出・生成するのが難しく高価だったため、広く一般には広まりませんでした。その後、1994年に林原商事が精製に成功。でんぷんから安く大量生産することができるようになったため、日本国内にも急速にトレハロース使用の食品が増えていきました。

トレハロースの特徴

あまり聞き慣れない名前ですが、パン酵母やビール酵母などの酵母類にも多く含まれ、古くから人間に食されてきた糖質です。

さっぱりした甘味で虫歯になりにくい点が特徴で、食品や菓子、香味料以外にも、入浴剤、園芸資材、保水剤、保湿剤などとして、また防臭効果もあることから繊維など、さまざまな製品に用いられています。

近年、トレハロースは「保湿効果の高い糖」として注目されており、乾燥している環境下から細胞を保護する作用があること明らかになっています。

トレハロース含有量が多い干ししいたけが、水で戻すと元の形に戻りやすいのは、このためです。その性質を利用し、角質層の水分保持機能を高める目的で、化粧水・乳液・クリーム・美容液・基礎化粧品などに配合されています。

トレハロースが、どうして脇の黒ずみ解消を期待されているかというと、乾燥した肌を復元しようとする保水力を有しているからです。

脇をはじめ、肌は乾燥するとターンオーバー(新陳代謝)が遅くなります。ターンオーバーの遅れによって角質は厚くなり、そこに汚れもたまり、黒ずみ(色素沈着)が生じてしまうのです。

トレハロースが脇にたくさんの潤いを与えれば、乾燥も改善され、黒ずみが発生する可能性も低くなるといえます。

>>脇の黒ずみ解消におすすめの美容成分を含むクリームを厳選比較<<

 
目指せ美ワキ!脇の黒ずみをとる方法レシピ